線路に財布落とし非常ボタン……山手線止めた乗客と駅員が口論 ネット上で波紋

東京都内を走る山手線(JR東日本提供)
東京都内を走る山手線(JR東日本提供)

JR山手線の渋谷駅(東京都渋谷区)で4日午後8時ごろ、財布を線路に落としたとして非常停止ボタンを押した男性利用客に対し、駅員が怒鳴る様子を撮影した動画の投稿がインターネット上で拡散し、波紋を呼んでいる。

JR東日本東京支社によると、財布を落とした男性利用客が、ホームに降りようとするなど危険な行為をしているところを駅員が発見。駅員は落とした財布を拾うと説明したが、男性利用客が納得せず、ホーム上の非常停止ボタンを押したという。

投稿された動画では、男性利用客が「なんで(財布を)取ってくれないんですか」「お願いしてるじゃないですか、ずっと」などと訴えたのに対し、駅員とみられる男性が「その態度は何なんだ」「お願いする態度か」「山手線、止めてんだぞ」「大勢の人に迷惑かかってんだよ」などと怒鳴る姿がとらえられている。

動画は押し問答の末、駅員とみられる男性が、利用客に「とりあえず交番行くからな。今日帰れねえからな。事情聴取、長えから」と話すなどしたところで、締めくくられている。

これに対しネット上では「電車止めるの、どんだけ大変か分かってないんだろうな」などのコメントが寄せられる一方、「起こってしまった事象の後で声を荒らげるのは、不適切な気がする」などと駅員の態度に疑問を抱く声もあがっている。

同社は、駅員の対応について「安全を守る強い使命感があったものの、行き過ぎた言葉遣いがあったことについてはおわび申し上げる」とコメントしている。

会員限定記事会員サービス詳細