「殺そうと思った」逮捕の無職男が供述 女子中生切りつけ

仙台市太白(たいはくく)区の路上で7日午前、登校中の中学生の女子生徒2人が切りつけられ負傷した事件で、宮城県警が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した男は、近所に住む無職、尾張裕之容疑者(43)と分かった。

県警によると、尾張容疑者は「背中を包丁で突き刺した。殺そうと思った」と供述。病院に搬送された女子中学生2人のうち1人は重傷で、もう1人は軽傷という。

「無差別なのか」「怖い」早朝の通学路、現場騒然 女子中学生切りつけ

登校中の女子中学生2人切り付け 男を現行犯逮捕 仙台

会員限定記事会員サービス詳細