女性患者に強制性交疑い、精神科医を6回目の逮捕 容疑否認

警視庁新宿署
警視庁新宿署

20代の女性患者にわいせつな行為をしたとして、警視庁新宿署は7日までに、強制性交の疑いで東京・歌舞伎町の「東京クリニック」院長で精神科医の伊沢純容疑者(52)を再逮捕した。新宿署によると、「無理やりやっていない」と容疑を否認している。別の女性患者への傷害罪などで起訴されており、逮捕は6回目。

再逮捕容疑は昨年6月22日夜、クリニック内で、都内に住む女性にわいせつな行為をしたとしている。

女性はこの日の夕方に診察を受けたが、伊沢容疑者からLINE(ライン)で「クリニックに戻ってほしい」と呼び戻されたという。当時、クリニック内は2人きりだった。

押収した伊沢容疑者のスマートフォンに女性の胸を触る画像が残っていた。

会員限定記事会員サービス詳細