避難のウクライナ選手を招待 デフ陸上の日本代表合宿へ

ウクライナ国旗
ウクライナ国旗

聴覚障害者が競う国際総合大会デフリンピックの陸上女子でともに金メダルを獲得したウクライナの2選手を、日本代表の強化合宿に招待すると7日、日本デフ陸上競技協会が発表した。2選手は5月のデフリンピック・ブラジル大会後、ロシアによる侵攻を受ける母国に戻らずルーマニアに避難して活動している。

ともに投てき競技で金メダルに輝いた両選手は、東京での観光や交流会を挟んで7月21~28日に愛媛、8月1~7日に長野、8~14日に北海道で合宿に参加する。

日本デフ陸協は渡航費や1カ月間の滞在費、活動費を負担。クラウドファンディングで一般にも支援を募る。

会員限定記事会員サービス詳細