マリでPKO隊員2人死亡 輸送隊に攻撃、5人負傷

西アフリカ・マリ北部で5日、国連平和維持活動(PKO)の輸送隊が走行中、爆発物による攻撃を受け、少なくとも隊員2人が死亡、5人が重傷を負った。現地のPKO部隊の発表をロイター通信が伝えた。

現地では国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う勢力がそれぞれ台頭。治安の安定のため1万2千人規模のPKO部隊が展開するが、テロ活動は沈静化していない。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細