女装し犯行、70発以上乱射 米銃撃容疑者、事前に計画

4日、米中西部イリノイ州ハイランドパークで銃乱射事件の現場周辺を捜索する警察官ら(AP=共同)
4日、米中西部イリノイ州ハイランドパークで銃乱射事件の現場周辺を捜索する警察官ら(AP=共同)

米中西部イリノイ州シカゴ近郊ハイランドパークの銃乱射事件で、地元警察は5日に記者会見し、拘束されたロバート・クリモ容疑者が発射した弾丸は70発以上に上ると述べた。容疑者は数週間前から犯行を計画していたと指摘し、事件当時に女装していたことも明らかにした。実行犯の特定を遅らせて逃走を容易にするためとみられる。

事件は4日の独立記念日のパレード中に起き、6人が死亡し少なくとも30人が負傷した。警察は22歳としていた容疑者の年齢を21歳に訂正した。

警察によると、事件で使われたライフルはクリモ容疑者がイリノイ州で合法的に購入した。殺傷能力が高いAR15型に似ているという。容疑者が拘束された際に乗っていた車からは別のライフルも見つかった。

警察は、クリモ容疑者の単独犯行で、特定の人種や宗教への憎悪に基づく銃撃ではないとみている。容疑者は過去に交流サイト(SNS)で銃撃犯を描いた音楽ビデオを投稿しており、犯行動機との関連を調べている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細