ドネツク州制圧へロシア猛攻 市場砲撃、2人死亡

ウクライナ東部ドネツク州スラビャンスクでロシアの攻撃を受けた市場の消火に当たる消防隊員=5日(ロイター=共同)
ウクライナ東部ドネツク州スラビャンスクでロシアの攻撃を受けた市場の消火に当たる消防隊員=5日(ロイター=共同)

ウクライナ東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)の掌握を目指すロシア軍は5日、全域制圧を宣言したルガンスク州に続き、ドネツク州で攻勢を強めた。同州のキリレンコ知事は同日、主要都市スラビャンスクの中央市場への砲撃で2人が死亡、7人が負傷したと通信アプリに投稿。「市民が集まる場所を故意に狙う、完全なテロだ」と非難した。

キリレンコ氏は、4日の同州バフムトへの砲撃でも学校や民家が破壊され、2人が死亡、3人が負傷したと明らかにした。ロイター通信によるとキリレンコ氏は、スラビャンスクや近隣のクラマトルスクへの攻撃激化を受け「州内に砲撃のない安全な場所は皆無だ」と語った。

ウクライナ軍は5日、ロシア軍がルガンスク州リシチャンスクとバフムトを結ぶ幹線道路や、周辺集落の制圧に注力しているとの見方を示した。クラマトルスクでも民間施設を攻撃している。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細