飲酒水上バイクを初摘発 都水上安全条例違反 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

酒を飲んで水上バイクを操縦したとして、警視庁大井署は6日、東京都水上安全条例違反の疑いで、千葉県八千代市の会社役員の男(44)を書類送検した。道交法と同様に酒気帯び状態で小型船舶を操縦することを禁じる水上安全条例は平成30年7月に施行されたが、大井署によると水上バイクの酒気帯びの摘発は初めてだという。

書類送検容疑は、5月3日午前、江東区の海などで酒を飲んだ状態で水上バイクを操縦したとしている。男は操縦直前にハイボール約1リットルを飲んだと話しているという。調べに対し「違反と知っていたが気分を上げたくて飲んだ」と容疑を認めているという。

大井署や東京湾岸署などが、江東区夢の島の船着き場で実施していた飲酒検問で発覚した。

会員限定記事会員サービス詳細