トランス選手を実質制限 英国トライアスロン連盟

英国トライアスロン連盟は6日、出生時の性別と自認する性が異なるトランスジェンダー選手が出場できるオープンカテゴリーを新設し、来年1月から運用を始めると発表した。同連盟は「トライアスロンは性別によって影響を受ける競技」とし、賞金や記録などが懸かった12歳以上の大会をオープンと女子の二つのカテゴリーで実施する。

オープンカテゴリーには男子選手、性自認が男女のどちらでもない「ノンバイナリー」選手も含まれる。女子カテゴリーは出生時からの女子選手に限定する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細