鈴木誠也、今度は悠然と一周 2戦連発の勝ち越し2ラン

ブルワーズ戦の5回、左越えに2試合連続となる6号2ランを放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)
ブルワーズ戦の5回、左越えに2試合連続となる6号2ランを放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)

米大リーグは5日、各地で行われ、カブスの鈴木はミルウォーキーでのブルワーズ戦に「4番・右翼」でフル出場し、2試合連続の6号2ランを放った。適時打も記録し5打数2安打3打点。試合は8―3で勝った。

全力疾走した前日のランニング本塁打とは一転し、カブスの鈴木は悠然とダイヤモンドを一周した。同点に追い付いた直後の五回1死二塁だ。反動で捕手側に体が傾くほど、初球を強くはじき返して貴重な勝ち越し2ラン。「(球種を)狙いながら振りにいけたので、あそこに飛んでいったと思う」と柔らかく笑った。

照準を定めていたツーシームが内角へ。見逃せば確実にボールだったが、軸足への重心は維持したまま、左足の着地点を少し開かせて対応した。ライナー性の打球は切れずに左翼ポール際へと消え「何とかフェアゾーンに入ってくれて良かった」と余韻をかみしめた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細