選挙ポスター落書き疑いで女を逮捕 愛知

参院選候補者の選挙運動用ポスターに赤色のスプレーで「ワクチン」「殺人」などと書いたとして、愛知県警は5日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、名古屋市守山区新守山の職業不詳、小出教代容疑者(57)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、5日午後5時40分ごろ、守山区内の公営掲示場のポスター12枚に、スプレーを噴射したとしている。

県警によると、小出容疑者がスプレーを吹き付けているところを目撃した通行人からの110番で警察官が駆けつけた。

会員限定記事会員サービス詳細