現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

対韓輸出管理への対処が試金石 明星大学教授・細川昌彦

細川昌彦・明星大学教授
細川昌彦・明星大学教授

韓国で尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が発足して、日韓関係の改善の期待が高まる。尹大統領は「成熟した日韓関係の新時代を切り開く。そのためには過去の問題も解決できる」と意欲を示している。元徴用工の問題をはじめ日韓間の懸案解決が不可欠だ。その一つが3年前の7月に日本が韓国に対して発動した輸出管理の厳格化措置だ。これをどう解決すべきか。

〝空騒ぎ〟に過剰反応

韓国への半導体材料3品目の輸出について、それまでの一度許可を得れば3年間は申請なしで輸出できる「包括許可」から、契約ごとに審査・許可する「個別許可」に切り替えた。また輸出管理を信頼できる国々に対して簡便な手続きで輸出できる、いわゆる「ホワイト国」という優遇制度があるが、韓国をこのホワイト国から除外した。

ランキング

  1. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  2. 【産経抄】8月13日

  3. 【国防解体新書】(5)自衛隊の各国連携 軍事外交に限界、曲がり角 社会部編集委員・半沢尚久

  4. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  5. 【主張】韓国の対中外交 誤ったシグナルを送るな

  6. 【正論】この夏に思う 終戦詔書の叡慮に応へた安倍氏 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【記者発】漫画「ちはやふる」が残したもの 文化部・本間英士

  9. 【主張】政治と旧統一教会 疑惑の教団と一線を画せ

  10. 【浪速風】迎え火をたいて

会員限定記事