集団感染なら日程変更も 今夏の甲子園大会

甲子園球場外観
甲子園球場外観

日本高野連は6日、大阪市内で第104回全国選手権大会(8月6日開幕予定・甲子園)の臨時運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインなどを決めた。緊急対策本部がチーム内の集団感染と判断した場合には、試合日程を変更することもある、とした。

対戦相手校と協議の上、当該試合の開催を遅らせ、試合実施の可能性を模索する。同一回戦の中での変更が原則。日程変更でも対応できず、チームとして大会に出場できなくなった場合、代表校の差し替えは行わない。

大会前、大会中に感染した選手、感染が疑われる選手が出た場合、試合開始の2時間前まで登録選手の変更を可能とした。一度登録を外れた選手も診断書などを用意することで大会中の再登録が認められる。

8月6日午前9時からの開会式には登録選手全員がマスクを外して参加。式典進行は通常通りを想定しているとした。観客の入場制限は、上限人数を設けない。学校関係者は一、三塁のアルプス席に入場。ブラスバンドは50人以内とした。

3日午後4時から大阪市内で行われる組み合わせ抽選会は、1チーム22人以内に制限。

大会前、大会中にPCR検査を実施。大会前に行う甲子園練習は行わない。

会員限定記事会員サービス詳細