核不使用「幸運なだけ」 広島知事、国連で強調

5日、米ニューヨークの国連本部でのイベントで発言する広島県の湯崎英彦知事(共同)
5日、米ニューヨークの国連本部でのイベントで発言する広島県の湯崎英彦知事(共同)

広島県の湯崎英彦知事は5日、米ニューヨークの国連本部でのイベントに参加し、ロシアがウクライナ侵攻で核の威嚇を繰り返したことに触れ「広島と長崎以降、核兵器が77年間使われていないのは幸運だっただけだ」として、核兵器がある限り使用のリスクは消えないと強調した。

イベントでは国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の観点から核兵器の影響を議論。湯崎氏は原爆投下後の広島市の写真を見せ「現代の基準から言えば小規模な核兵器だが、これで分かるようにSDGsの達成に破滅的な損害を与える」と警告した。

出席したドミニカ共和国のフェルナンデス元大統領は「われわれは人類に対する核兵器の危険性を理解している。この問題に取り組むことは非常に重要だ」と述べ、核軍縮の必要性を指摘した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細