<独自>2歳児熱中症死 祖母らUSJ近くで連泊 供述虚偽、放置は丸2日か

大阪府富田林市の自宅で死亡しているのが見つかった小野優陽ちゃん(ツイッターから)
大阪府富田林市の自宅で死亡しているのが見つかった小野優陽ちゃん(ツイッターから)

大阪府富田林市の小野優陽(ゆうは)ちゃん(2)が自宅に放置され、熱中症で死亡した事件で、保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母らが、遺体発見の2日前から大阪市此花区の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」近くのホテルに連泊していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。祖母らは遺体発見当日の早朝に自宅を出てUSJに行ったと説明していたが、虚偽だった可能性が高い。大阪府警は放置が丸2日間に及んだとみて裏付けを進める。

府警によると、祖母の小野真由美(46)と内縁の夫、桃田貴徳(50)の両容疑者は当初、6月29日午前5時ごろ、小野容疑者の五男(5)を連れて自宅を出て車でUSJに遊びに行ったと説明。同日午後4時過ぎ、学校から帰宅した小野容疑者の四男(15)が、乳幼児用の柵「ベビーサークル」内で倒れていた優陽ちゃんを見つけるまで約11時間放置したとして逮捕されていた。

捜査関係者によると、桃田容疑者は「USJの前に奈良に行った」とも供述したが、府警が裏付けを進めたところ、小野容疑者らが6月27日と翌28日、大阪市此花区のUSJ近くのホテル2カ所に宿泊していたことが判明。少なくとも丸2日間ほどは優陽ちゃんを放置し、USJで遊ぶなどしていた疑いがあり、府警は両容疑者の行動を詳しく調べる。

府警によると、優陽ちゃんは29日昼ごろに熱中症で死亡したとみられる。放置されていた柵は四方に板が張られ、通気性が悪くなっていた。桃田容疑者らは「クーラーと扇風機をつけ、窓を開けて外出した」と供述したが、柵内には飲食物もなく脱水症状を起こしやすい状況だった。

29日午前7時40分ごろに自宅を出た四男も、帰宅した際に「クーラーはついていた」と話していたが、その後の説明には変遷もみられるという。府警は改めて四男からも事情を聴き、優陽ちゃんが放置された時期や、小野容疑者らが不在の間、優陽ちゃんの面倒をどのように見ていたか、状況の確認を進める。

会員限定記事会員サービス詳細