「県警、常に監視を」発言撤回 ウクライナ人避難者巡り、県議

福井県の斉藤新緑県議(65)=自民=は、県議会土木警察常任委員会でウクライナ人避難者に関する質問をした際「県警として常に監視していただきたい」とした発言を取り消すよう委員長に申し立て、6日認められた。

斉藤県議は6月28日の同委員会で「テロ組織と関係のある人が避難民として入国している可能性がある」という趣旨の発言をしていた。

斉藤氏は現在6期目。県議会議長も務めた。

会員限定記事会員サービス詳細