現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月6日

佐野浅夫さん
佐野浅夫さん

戦時中、劇団が存続するためには、国の統制下にある連盟に所属して戦意高揚のための芝居を上演するしかなかった。日大芸術学部に在学中だった佐野浅夫さんは同級生に誘われて、そんな劇団の一つ「苦楽座」に入団する。新劇の団十郎と呼ばれる人気俳優だった丸山定夫らにより、結成されたばかりだった。

▼昭和20年に「桜隊」と改称させられた劇団は、広島を拠点に巡演することになる。佐野さんは参加できなかった。召集されて本土決戦に備える特攻隊に配属されたからだ。原爆により団員9人が亡くなったのを知ったのは、戦争が終わった後である。

▼先に死ぬはずの自分だけが、なぜ生き残ったのか。戦後、俳優として活躍するなか、佐野さんは胸の内を明らかにすることはなかった。62年たった平成19年、防衛相による「原爆投下はしょうがない」発言にショックを受けて、公の場で発言するようになる。

ランキング

  1. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  2. 【石平のChina Watch】世界を巻き込む台湾有事

  3. 【産経抄】8月18日

  4. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 英霊の嘆きが聞こえてくるで

  5. 【正論】平和のための軍事研究は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

  6. 【主張】五輪元理事の逮捕 不正の構図の解明を急げ

  7. 【浪速風】霊感商法、今こそ根絶を

  8. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  9. 【ん!?】千円札の「ニホン」どこにあるかわかりますか?

  10. 【産経抄】8月17日

会員限定記事