現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月6日

佐野浅夫さん
佐野浅夫さん

戦時中、劇団が存続するためには、国の統制下にある連盟に所属して戦意高揚のための芝居を上演するしかなかった。日大芸術学部に在学中だった佐野浅夫さんは同級生に誘われて、そんな劇団の一つ「苦楽座」に入団する。新劇の団十郎と呼ばれる人気俳優だった丸山定夫らにより、結成されたばかりだった。

▼昭和20年に「桜隊」と改称させられた劇団は、広島を拠点に巡演することになる。佐野さんは参加できなかった。召集されて本土決戦に備える特攻隊に配属されたからだ。原爆により団員9人が亡くなったのを知ったのは、戦争が終わった後である。

▼先に死ぬはずの自分だけが、なぜ生き残ったのか。戦後、俳優として活躍するなか、佐野さんは胸の内を明らかにすることはなかった。62年たった平成19年、防衛相による「原爆投下はしょうがない」発言にショックを受けて、公の場で発言するようになる。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【主張】プーチン海洋戦略 北方領土で無法を許すな

  3. 【正論】この夏に思う 恩師にみた昭和のよき教員の姿 社会学者、関西大学名誉教授・竹内洋

  4. 【産経抄】8月10日

  5. 【風を読む】笑顔のシンデレラ 論説副委員長・別府育郎

  6. 【耳目の門】(48)女性議員比率 「東アジア」最下位でよいのか 特別記者・石井聡

  7. 【主張】新たなワクチン 混乱招かぬ丁寧な説明を

  8. 【産経抄】8月9日

  9. 【長州正論詳報】「安倍氏は闘う政治家」台北支局長ら講演

  10. 【政解】自民6派閥 変わる役割 保守本流政権が復活

会員限定記事