現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月6日

佐野浅夫さん
佐野浅夫さん

戦時中、劇団が存続するためには、国の統制下にある連盟に所属して戦意高揚のための芝居を上演するしかなかった。日大芸術学部に在学中だった佐野浅夫さんは同級生に誘われて、そんな劇団の一つ「苦楽座」に入団する。新劇の団十郎と呼ばれる人気俳優だった丸山定夫らにより、結成されたばかりだった。

▼昭和20年に「桜隊」と改称させられた劇団は、広島を拠点に巡演することになる。佐野さんは参加できなかった。召集されて本土決戦に備える特攻隊に配属されたからだ。原爆により団員9人が亡くなったのを知ったのは、戦争が終わった後である。

▼先に死ぬはずの自分だけが、なぜ生き残ったのか。戦後、俳優として活躍するなか、佐野さんは胸の内を明らかにすることはなかった。62年たった平成19年、防衛相による「原爆投下はしょうがない」発言にショックを受けて、公の場で発言するようになる。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(5)自衛隊の各国連携 軍事外交に限界、曲がり角 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】8月13日

  3. 【主張】韓国の対中外交 誤ったシグナルを送るな

  4. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  5. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  6. 【正論】この夏に思う 終戦詔書の叡慮に応へた安倍氏 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  7. 【主張】政治と旧統一教会 疑惑の教団と一線を画せ

  8. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  9. 【記者発】漫画「ちはやふる」が残したもの 文化部・本間英士

  10. 【浪速風】迎え火をたいて

会員限定記事