露艦、再び尖閣接続水域を通過 中国艦は日本一周

東シナ海へ北上したロシア海軍のフリゲート艦=5日(防衛省統合幕僚監部提供)
東シナ海へ北上したロシア海軍のフリゲート艦=5日(防衛省統合幕僚監部提供)

海上自衛隊は4日午後7時ごろ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の久場島の南東約50キロを北へ進む露駆逐艦など計3隻を確認した。3隻は久場島と大正島の間の接続水域を通過し東シナ海へ向かった。うち1隻は4日に中国艦と尖閣の接続水域に進入した艦。

また、これとは別に5日午前4時ごろ、宮古島の北東約120キロを北西へ進む中国の情報収集艦1隻が確認され、東シナ海へ抜けた。収集艦は6月以降日本海から太平洋へ移動しており、日本列島を一周したことになる。

会員限定記事会員サービス詳細