現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

利休は「確信犯」のクリエイター

利休の精神に影響を受けたクリエーティブ・ディレクターの佐藤可士和氏=東京都渋谷区(酒巻俊介撮影)
利休の精神に影響を受けたクリエーティブ・ディレクターの佐藤可士和氏=東京都渋谷区(酒巻俊介撮影)

「お~い、お茶」。名優・島田正吾がコマーシャルで呼んだ言葉が商品名になった缶入り緑茶が、平成元年に伊藤園から発売された。のちにペットボトルとなった商品は、お茶に「いつでも、どこでも飲める」概念を導入した画期的なものとなった。昭和の時代、お茶は家族がそろったくつろぎの時間に急須で入れるのが普通だった。

「当初、世間では批判されたそうです。お茶は急須で入れるものだ、缶飲料にするなんて何ごとだ、と」

ランキング

  1. 遺失物133件を警察に届けず 千葉県循環器病センター

  2. 樋口季一郎陸軍中将の銅像、淡路島の伊弉諾神宮に建立へ

  3. はやぶさ2の砂粒、有機物守る「ゆりかご」構造発見

  4. 京都聖母学院中Ⅴ 中学校ダンス部選手権

  5. 古墳時代初頭に中型犬、大陸から渡来か 奈良・纒向遺跡の骨

  6. 【医心伝診】完治・延命できる大腸がん 積極治療が有効

  7. 【びっくりサイエンス】コロナ対策24時間換気システムの落とし穴

  8. 玉音放送後に散った「最後の特攻」 海軍中将が示した覚悟

  9. 「自然の驚異」高さ30メートルの水柱 北海道

  10. 「みなし陽性」は疑似症患者 入院保険は支払われるか

会員限定記事