伊勢神宮大宮司に久邇氏 旧皇族出身の元商社マン

伊勢神宮(三重県伊勢市)は5日、大宮司の小松揮世久(こまつ・きよひさ)氏(72)の後任に、三菱商事などに勤務した久邇朝尊(くに・あさたか)氏(62)が同日付で就任したと発表した。神宮職員のとりまとめ役として、上皇ご夫妻の長女で祭主を務める黒田清子(さやこ)さん(53)の下で神事をつかさどる。久邇家は旧皇族で、父の邦昭氏(93)も大宮司を務めた。久邇氏は東京都出身で昭和58年に学習院大を卒業。三菱商事を経て、同社と双日が出資する鉄鋼商社で監査役を務め、昨年6月に退任した。

会員限定記事会員サービス詳細