ウクライナ首相「復興に100兆円超必要」

ウクライナのシュミハリ首相(ロイター=共同)
ウクライナのシュミハリ首相(ロイター=共同)

【ロンドン=板東和正】ウクライナのシュミハリ首相は4日、スイス南部ルガノで開かれた「ウクライナ復興会議」での演説で、ウクライナがロシアの侵攻で受けた被害の復興計画に必要な資金が7500億ドル(約101兆9000億円)になるとの見方を示した。ロシア政府やプーチン露大統領に近いオリガルヒ(新興寡占資本家)の資産を押収し、復興資金に充てるべきだと主張した。

ロイター通信によると、シュミハリ氏は、各国が制裁で凍結したロシアの資産は、3000億~5000億ドル相当と推定されると指摘。「(ロシア資産が)復興に向けた主要な資金源になると信じている」とした上で「ロシア当局がこの血なまぐさい戦争を引き起こした。その責任を負うべきだ」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細