宇津木監督ら殿堂入り ソフトボール

宇津木麗華監督
宇津木麗華監督

日本ソフトボール協会は5日、台湾で開催された世界野球ソフトボール連盟(WBSC)総会で、東京五輪で金メダルを獲得した女子日本代表の宇津木麗華監督(59)と、2004年アテネ大会まで五輪に3大会連続出場した山路典子さん(51)が選手部門で殿堂入りしたと発表した。

宇津木監督と山路さんはともに00年シドニー五輪で主力選手として銀メダル獲得に貢献した。

総会ではWBSCの役員改選も行われ、リカルド・フラッカリ会長(73)、宇津木妙子理事(69)らが再選された。

会員限定記事会員サービス詳細