USJ立て直した森岡氏「ネスタリゾート神戸をアウトドア聖地に」

刀などに経営が引き継がれたネスタリゾート神戸=兵庫県三木市(同パーク提供)
刀などに経営が引き継がれたネスタリゾート神戸=兵庫県三木市(同パーク提供)

兵庫県三木市のテーマパーク「ネスタリゾート神戸」について、不動産開発のサムティ(大阪市)とマーケティング会社の刀(同市)は5日、経営を今月1日付で引き継いだと正式に発表した。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(同市、USJ)を立て直したことで知られる刀の森岡毅最高経営責任者(CEO)は同市で会見し、「全国から、そしてインバウンド(訪日外国人客)をも呼び込めるアウトドアの聖地にする」と強調した。

ネスタリゾート神戸の経営を引き継いだ刀の森岡毅CEO(右)=5日午後、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)
ネスタリゾート神戸の経営を引き継いだ刀の森岡毅CEO(右)=5日午後、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)

ネスタリゾート神戸は、パチンコ店を展開する延田エンタープライズ(同市)が経営破綻で閉鎖した年金保養施設「グリーンピア三木」の跡地を兵庫県から約11億円で取得し、平成28年7月に開業。甲子園球場60個分の約230万平方メートルの敷地に250億円を投じて宿泊施設やプール、バーベキュー施設を整備した。

集客や売り上げが伸び悩み、30年からレジャー施設の再建で定評のある刀との協業を始めていた。そして今回、刀がホテル運営などで実績のあるサムティと新会社を設立し、運営会社の全株式を取得した。取得額は非公表。新会社の出資比率は6割がサムティで、残り4割が刀となり、土地や施設も今後取得する。

刀はすでに森の中を疾走できるバギーを整備するなどネスタリゾート神戸を自然体験型のテーマパークとして再生させているが、森岡氏は今後5年間でさらに100億円を投じる方針を示した。遊休地を活用し、新しいアトラクションも検討する。一方、延田側が経営権を譲渡した理由については、「前オーナーの立場をここで述べるのは適切でない」とするにとどめた。

森岡氏はUSJ運営会社の元執行役員でUSJの復活を牽引(けんいん)した。同社退社後に設立した刀は「西武園ゆうえんち」(埼玉県)を傘下に持つ西武鉄道などと協業。沖縄県で新テーマパーク構想も進めている。(田村慶子)

会員限定記事会員サービス詳細