特技監督の中野昭慶さん死去 「日本沈没」「ゴジラ」

昭和48年公開の映画「日本沈没」や、映画「ゴジラ」シリーズなどの特撮を担当した特技監督の中野昭慶(なかの・てるよし)さんが6月27日、敗血症のため死去した。86歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。葬儀は家族で行った。

終戦後の21年に日本に引き揚げた。日大を卒業後、34年に東宝入社。東宝で特撮映画を手がけていた円谷英二監督の下で技術を学び、44年「クレージーの大爆発」で特殊技術の監督としてデビュー。小松左京さんのSF小説を実写化した「日本沈没」や48年の「人間革命」、49年の「ゴジラ対メカゴジラ」などの映画で特技監督を務めたほか、テーマパークの映像演出なども手がけた。

会員限定記事会員サービス詳細