体長90センチのイグアナが一時失踪 岡山・鷲羽山ハイランド

逃げ出していたグリーンイグアナ=岡山県倉敷市(ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド提供)
逃げ出していたグリーンイグアナ=岡山県倉敷市(ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド提供)

岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地「ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド」で飼育している体長約90センチのグリーンイグアナが6月末から姿をくらまし、5日に遊園地から数百メートル南の林で捕獲された。どの時点で遊園地の外に出たのかは不明。児島署などによると、けが人などはいない。

遊園地や児島署によると、イグアナは遊園地内の柵で囲われた「ふれあい動物園」で飼育・展示されていた。遊園地では6月30日夕の時点で姿が見えないと話題になったが、動物園内に隠れていると想定していた。

今月2日夕、遊園地周辺の住民から「路上でトカゲが歩いているのを見た」と児島署に情報提供があり「失踪」していたことが発覚。遊園地や署が周辺を捜索していた。

イグアナは5日昼ごろ、林の木の上でじっとしているところを遊園地職員が見つけた。山本一彦運営部長は「同じことが起きないよう対策をとってから展示を再開したい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細