「終戦の日」名称変更法案撤回 露下院

ロシア国旗(ロイター)
ロシア国旗(ロイター)

ロシア下院のカルタポロフ国防委員長は5日の本会議で、ロシアで「第2次大戦終結の日」とされてきた9月3日を「軍国主義日本への勝利と第2次大戦終結の日」に名称変更する法案を撤回すると表明した。追加の討議が必要になったためと説明した。タス通信が伝えた。

カルタポロフ氏は先月24日に法案を提出。ウクライナ侵攻で対ロ制裁を科した日本への対抗措置と説明していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細