フィギュア樋口が1日駅長「今季も悔いなく」

西武鉄道のマスコット「スマイルちゃん」と並んで敬礼するフィギュアスケート女子の樋口新葉=西武新宿駅
西武鉄道のマスコット「スマイルちゃん」と並んで敬礼するフィギュアスケート女子の樋口新葉=西武新宿駅

フィギュアスケート女子で北京冬季五輪団体銅メダルの樋口新葉(わかば)(明大)が5日、東京都新宿区の西武新宿駅の1日駅長に就任した。自身が出演するアイスショー「プリンスアイスワールド」東京公演(15~18日、西東京市)など〝夏のおでかけ〟を案内する仕事を任され、通行人にうちわを配って宣伝した。

新宿区出身の樋口は西武鉄道をよく使うという。「急行が3~4駅くらい飛ばして(通過して)進んでくれるのが好き」と笑いつつ、「駅長をさせてもらうことはなかなかない。五輪からいい経験がたくさんできているので、またこういう機会をいただけるように、今季も悔いなく頑張りたい」と決意を新たにした。

先シーズン終了後に診断を受けた右すねの疲労骨折は完治し、6月中旬から氷上での練習を再開した。「自分が今までできていたことを戻せるように練習している」と現状を語った。

会員限定記事会員サービス詳細