復興に100兆円超必要 ウクライナ首相、没収ロシア資産の充当要請 スイスで会議

4日開かれたウクライナ復興会議で、写真撮影に応じるシュミハリ首相(左)ら=スイス・ルガノ(ロイター=共同)
4日開かれたウクライナ復興会議で、写真撮影に応じるシュミハリ首相(左)ら=スイス・ルガノ(ロイター=共同)

ウクライナのシュミハリ首相は4日、同国がロシアの侵攻で受けた被害の復興計画に必要な資金が「既に7500億ドル(約101兆7千億円)に上ると見積もられている」とし、資金源として各国が凍結したロシア政府や同国の新興財閥オリガルヒの資産を没収し、これを充当するよう訴えた。スイス南部ルガノで開かれた「ウクライナ復興会議」での演説で述べた。

凍結したロシア資産をウクライナ復興に利用する案は、各国の法制度上の取り扱いなど解決すべき課題が多く、実現に向けたハードルは高い。また実施に踏み切った場合は、ロシア国内の外国資産の没収といった対抗措置も予想されるため、各国の足並みもそろっているとはいえない状況だ。

現地入りしたシュミハリ氏は「この血なまぐさい戦争を始めたのはロシアで、甚大な被害の責任は彼らに負わせるべきだ」と強調し、各国が制裁で凍結したロシアの資産は、推計により幅はあるものの「3千億~5千億ドル」と指摘した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細