日韓財界団体3年ぶり会合 交流活発化に向け協議

経団連本部などが入居する経団連会館=東京都千代田区
経団連本部などが入居する経団連会館=東京都千代田区

経団連は4日、韓国の全国経済人連合会(全経連)との首脳会合をソウルで約3年ぶりに開催する。日韓の経済協力強化を目指し、共同声明を採択する見通し。冷え込んだ日韓関係の改善に意欲を示す尹錫悦政権の発足を機に、民間レベルの交流活発化を図る。

経団連の十倉雅和会長や全経連の許昌秀会長が参加。ロシアによるウクライナ侵攻などで世界経済の不安定な状況が続く中、日韓の経済連携を発展させたい考えだ。

経団連と全経連は1983年から相互に訪問しほぼ定期的に会合を開いてきたが、2019年11月の東京での会合を最後に、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催を見送っていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細