現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

音声で聴く 話の肖像画

女優・河合美智子さん 「悲観しなかった」脳出血からの生還語る

取材に応じる河合美智子さん=東京・大手町の産経新聞社(斉藤佳憲撮影)
取材に応じる河合美智子さん=東京・大手町の産経新聞社(斉藤佳憲撮影)
前半 「オーロラ輝子」「紅白」を回想(前半は登録なしでお聴きいただけます)

NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」(平成8~9年)でオーロラ輝子を演じたことで知られる女優の河合美智子さんは、28年に脳出血で倒れ、リハビリを経て復帰しました。

インタビューの前半はふたりっ子や紅白歌合戦出場の思い出を、後半は闘病生活などを夫の峯村純一さんとともに語っていただきました。(聞き手・三宅令)

取材に応じる河合美智子さんと夫の峯村純一さん=東京・大手町の産経新聞社(斉藤佳憲撮影)
取材に応じる河合美智子さんと夫の峯村純一さん=東京・大手町の産経新聞社(斉藤佳憲撮影)
■河合美智子(かわい・みちこ)
昭和43年、神奈川県出身。58年に映画「ションベン・ライダー」でデビュー。平成8年のNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で演じたオーロラ輝子が人気を呼び、ドラマ内で歌った「夫婦みち」もCD化され大ヒット。翌年のNHK紅白歌合戦に出場した。演技派女優として活躍していたが、28年に脳出血を発症。懸命のリハビリで仕事に復帰し、女優業のほか、講演活動なども行っている。30年に兵庫県豊岡市に移住。たじま観光大使も務める。
後半 夫と語る脳出血からの生還

ランキング

  1. 【音声で聴く 話の肖像画】加藤登紀子の波乱の生涯 次女Yaeがナレーション

  2. 【音声で聴く 戦後史開封】人間・田中角栄 闇将軍の孤独と安らぎ

会員限定記事