ヒューリック杯棋聖戦

藤井棋聖、3連覇へ王手

対局を終えた永瀬拓矢王座(左)と藤井聡太棋聖=4日午後7時14分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(沢野貴信撮影)
対局を終えた永瀬拓矢王座(左)と藤井聡太棋聖=4日午後7時14分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(沢野貴信撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将=に永瀬拓矢王座(29)が挑戦するタイトル戦「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第3局が4日、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で指され、先手の藤井棋聖が145手で勝ち、対戦成績2勝1敗で棋聖3連覇へあと1勝に迫った。持ち時間各4時間で、残りが藤井棋聖12分、永瀬王座1分。

今シリーズは、初の棋聖奪取を目指す永瀬王座が先勝したが、藤井棋聖が2連勝した。

第3局は午前9時、藤井棋聖の先手で始まった。戦型は第2局に続き、攻守のバランスが取れ、藤井棋聖も経験が豊富な「角換わり腰掛け銀」へと進んだ。

藤井棋聖は強い受けで攻めをはね返し、優位を築いていく。粘り強く攻める永瀬王座も、相手玉を追いかけた。しかし、藤井棋聖は自玉を入玉模様の安全な形にしてリードを保ち、勝ち切った。

第4局は17日、名古屋市中区の「万松寺(ばんしょうじ)」で行われる。

藤井棋聖の話 「スコアは意識せずに、しっかり準備して臨めたらと思う」

藤井棋聖・永瀬王座の直筆サイン入り オリジナルポスターをプレゼント


会員限定記事会員サービス詳細