福岡の5歳児餓死、母親側が控訴 懲役5年に不服

福岡県篠栗町で令和2年、5歳の三男を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の碇(いかり)利恵被告(40)の弁護人が、懲役5年の福岡地裁判決を不服として控訴したことが4日、地裁への取材で分かった。1日付。同日が控訴期限だった。

6月17日の判決は「ママ友」だった赤堀恵美子被告(49)=同罪などで起訴=により「生活全般を実質的に支配されていた」と認定。求刑の懲役10年に対し、判決は量刑を減軽したものの、弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。

判決によると、両被告は共謀し、令和元年8月ごろから子供たちの食事量を減らし、三男の翔士郎(しょうじろう)ちゃんに十分な食事を与えず、2年4月18日、自宅で餓死させた。

赤堀被告の公判は8月29日に始まる。

会員限定記事会員サービス詳細