現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

松下幸之助、茶の湯から学んだ「素直な心」

常に熾烈(しれつ)な競争にさらされるビジネスの世界にあって、茶の湯にひかれる経済人は多い。

「あんたぐらいになったら、そろそろお茶くらいできんとあかん」。パナソニック創業者の松下幸之助(1894~1989年)は戦前、阪急電鉄創設で知られる小林一三(いちぞう)から言葉をかけられた。小さな町工場での二股ソケット開発を機に成長、家電メーカーとして存在感を増していた。

ランキング

  1. 佳子さま、ガールスカウトの中高生らとご交流

  2. 【びっくりサイエンス】人類が移住できる星 「眠り姫」の昆虫で探せ 到来近づく宇宙生活時代

  3. 【クローズアップ科学】渦の正体に迫る 極低温の世界 古典物理の最終問題を解く

  4. 【教えて!goo】医師が解説 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは

  5. 授業動画4000本超、格差解消に挑む教育系ユーチューバー

  6. 秋篠宮ご夫妻、ボーイスカウトの大会にご臨席

  7. 夏こそ分かる? 70年愛され続ける肌着「アサメリー」の正体とは[Sponsored]

  8. コロナ「第7波」のいま問うオンライン診療選び AGAから考える 信頼できる医師探し[Sponsored]

  9. 北海道で新たに5人感染、1人再陽性 道内感染者延べ1030人

  10. 【禍下に学ぶ日本史】⑬安倍元首相銃撃事件と桜田門外の変─「テロ」と「テロル」 大阪経済大学名誉教授・家近良樹(幕末維新史)

会員限定記事