現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

松下幸之助、茶の湯から学んだ「素直な心」

常に熾烈(しれつ)な競争にさらされるビジネスの世界にあって、茶の湯にひかれる経済人は多い。

「あんたぐらいになったら、そろそろお茶くらいできんとあかん」。パナソニック創業者の松下幸之助(1894~1989年)は戦前、阪急電鉄創設で知られる小林一三(いちぞう)から言葉をかけられた。小さな町工場での二股ソケット開発を機に成長、家電メーカーとして存在感を増していた。

ランキング

  1. 安倍氏への弔意集めた「芳名帳」、国は受け取らず 自治体戸惑い

  2. 将棋の有吉道夫九段死去 元棋聖、1000勝達成

  3. 【安倍元首相国葬】静謐と喧噪の中での追悼 識者はどう見たか

  4. 「島根県民の歌」はもう歌えない? 人口90万人から11万人試算の衝撃

  5. 「汚染水」か「処理水」か 中韓と日本の応酬に、IAEA総会

  6. わざとバス停倒す理由は 京都では「おなじみ」

  7. コスパ最強のアクセス道 鳥取県に無料「高速道」が多い秘密

  8. 水素エンジンスポーツカーの特別授業 甲府の小学校

  9. 【南と北の島物語 樺太と南洋統治】(13)島民の共通語は「日本語」

  10. 【安倍元首相国葬】サッチャー元英首相の葬送と共通点 儒教研究者の大場一央氏と歩く

会員限定記事