現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

松下幸之助、茶の湯から学んだ「素直な心」

常に熾烈(しれつ)な競争にさらされるビジネスの世界にあって、茶の湯にひかれる経済人は多い。

「あんたぐらいになったら、そろそろお茶くらいできんとあかん」。パナソニック創業者の松下幸之助(1894~1989年)は戦前、阪急電鉄創設で知られる小林一三(いちぞう)から言葉をかけられた。小さな町工場での二股ソケット開発を機に成長、家電メーカーとして存在感を増していた。

ランキング

  1. ボート営業復活へ「池の水ぜんぶ抜く」 埼玉・大宮公園

  2. 世界的な衣服デザイナー、三宅一生さん死去 84歳

  3. 秋の園遊会 開催見送り

  4. 科学の注目論文 日本の国際的地位さらに低下 過去最低

  5. 【話の肖像画】女優・泉ピン子(9)日劇で座長公演、西田敏行君との友情

  6. 宿泊療養の弁当豪華に 大阪府、苦情を受け改善

  7. ライチョウ初の野生復帰へ 栃木の動物園から駒ケ岳へ出発

  8. VRゴーグルで犬と「触れ合い」 激減する学校での動物飼育、愛護の心どう育む

  9. 【真説 日朝文化史】(27)朝鮮レコード社始末記㊤「総連アイドル」売り出しの蹉跌(さてつ)

  10. 「みなし陽性」は疑似症患者 入院保険は支払われるか

会員限定記事