関門トンネル前で列車停止 乗客歩いて駅に移動

4日午前7時55分ごろ、JR山陽線門司―下関間で、小倉発下関行きの上り普通列車(4両)が、停電のため関門トンネルの手前で停車した。JR九州によると、乗客約250人は列車を降り、門司駅(北九州市門司区)まで数百メートルを歩いて引き返したという。けが人はなかった。

車両に不具合があったといい、同社が詳しい原因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細