習氏と記念撮影の議員感染 新型コロナ、香港

中国の習近平国家主席(下)と写真に納まる香港立法会議員の何俊賢氏(上中央)=6月、香港(香港政府提供・共同)
中国の習近平国家主席(下)と写真に納まる香港立法会議員の何俊賢氏(上中央)=6月、香港(香港政府提供・共同)

香港返還25年の記念式典に出席するため香港を訪れた中国の習近平国家主席と記念撮影した香港立法会(議会)議員、何俊賢氏が4日までに、新型コロナウイルスの感染が判明したと自身のフェイスブックで明らかにした。

香港メディアなどによると、何氏は6月30日の記念撮影で習氏の後方に並んだ。その日の検査では陰性だったという。7月1日に陽性反応が出たため式典には出席せず、2日に陽性が確定した。

習氏の香港公式訪問は2017年以来。新型コロナの感染拡大以降、中国本土を出たのは初めてだった。香港では連日感染者が確認され、式典の出席者や習氏と接触する高官らは事前に隔離された。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細