カメラマン日記

棋聖戦第3局 こだわりの品々

将棋の藤井聡太棋聖=竜王・王位・叡王・王将=に永瀬拓矢王座が挑戦している「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第3局が4日、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で始まった。ここまでの成績は、藤井棋聖と永瀬王座が1勝1敗のタイ。どちらが勝利しても、棋聖獲得へ王手となる大切な一番。

午前9時に対局が始まると、先手の藤井棋聖がコップのお茶を一口飲み、飛車先の歩を突いた。永瀬王座も飛車先の歩を突いて応じて、熱戦の火ぶたを切った。

棋聖戦第3局が始まり、第1手を指す藤井聡太棋聖=4日午前9時、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)
棋聖戦第3局が始まり、第1手を指す藤井聡太棋聖=4日午前9時、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)

第3局の会場は、昨年の棋聖戦で第1局が行われた「龍宮城スパホテル三日月」。ホテルに着くとかわいらしいミニチュアホースが出迎えてくれる。

宿泊客を出迎えるミニチュアホース
宿泊客を出迎えるミニチュアホース

今年はコロナ禍も少し落ち着いており、昨年は無人だったプールも大勢の人たちでにぎわっていた。

スパホテル三日月は盆栽にこだわりをみせる。玄関を入ると総理大臣賞を受賞したという盆栽が、訪れた人たちの目を引く。「値段のつけようがないが数億円になるだろう」という話もあった。

玄関に飾られている盆栽
玄関に飾られている盆栽

対局場にも立派な盆栽が置かれている。対局の取材中、万一にもカメラをぶつけたりしないように細心の注意で撮影に挑んだ。

対局室におかれた盆栽
対局室におかれた盆栽

対局では今回も藤井棋聖が和服、永瀬王座がスーツ姿。藤井棋聖は散髪したのか前髪が短くなり、より精悍なイメージになった。

対局する藤井聡太棋聖(右)と永瀬拓矢王座=4日午前、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(桐原正道撮影)
対局する藤井聡太棋聖(右)と永瀬拓矢王座=4日午前、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(桐原正道撮影)

リモートカメラでは、前局に比べて、顔の表情がつかみやすくなり、瞳追従の応答性が高まったので、よりいいシーンを捉えられた。

対局場に設置したリモートカメラ「ソニーα1」
対局場に設置したリモートカメラ「ソニーα1」
午後の対局に臨む藤井聡太棋聖(リモートカメラ)
午後の対局に臨む藤井聡太棋聖(リモートカメラ)
午後のおやつのアップルジュースを飲む藤井聡太棋聖(奥)とアイスコーヒーを飲む永瀬拓矢王座(リモートカメラ)
午後のおやつのアップルジュースを飲む藤井聡太棋聖(奥)とアイスコーヒーを飲む永瀬拓矢王座(リモートカメラ)

永瀬王座は対局前日の記念撮影で見せた力の入ったガッツポーズが印象的だった。対局前、永瀬王座が眼鏡をはずすと、外側の黒っぽいカラーと違い内側は鮮やかなグリーン、永瀬王座のこだわりを感じさせる眼鏡だった。

対局を明日に控え記念写真に応じる藤井聡太棋聖=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)
対局を明日に控え記念写真に応じる藤井聡太棋聖=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)
対局を明日に控え記念写真でガッツポーズを見せる永瀬拓也王座=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)
対局を明日に控え記念写真でガッツポーズを見せる永瀬拓也王座=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(土井繁孝撮影)

両棋士ともに繊細な指先も印象に残った。駒を進めるシーンをアップでみると、細く長いきれいな指先で、ここから数々の名手が生まれるかと思うと、見いってしまった。

対局開始を前に将棋盤に駒を並べる藤井聡太棋聖
対局開始を前に将棋盤に駒を並べる藤井聡太棋聖
対局開始を前に眼鏡をはずした永瀬拓矢王座。内側は緑の縁取りが見える
対局開始を前に眼鏡をはずした永瀬拓矢王座。内側は緑の縁取りが見える
対局で使用される駒。箱には昨年の対局を記した揮毫があった
対局で使用される駒。箱には昨年の対局を記した揮毫があった
美しい木目が目を引く駒箱
美しい木目が目を引く駒箱
対局開始を前にハンカチで手をふく藤井聡太棋聖=
対局開始を前にハンカチで手をふく藤井聡太棋聖=
昼休憩までの盤面
昼休憩までの盤面
藤井棋聖の羽織、精緻な模様が浮かぶ
藤井棋聖の羽織、精緻な模様が浮かぶ

対局は昼休憩をはさんで夕方には決着がつく見込み。第4局は、7月17日に、名古屋市で行われる。

会員限定記事会員サービス詳細