根尾、投手で23歳以下選抜 8月プロアマ記念試合

中日の根尾=バンテリンドーム
中日の根尾=バンテリンドーム

大学、社会人の選抜チームとプロアマ記念試合(8月1日、神宮)を行うプロ野球23歳以下選抜チームのメンバー24選手が4日、発表され、野手から投手に転向した根尾(中日)が投手で入り、清宮(日本ハム)、安田、藤原(ともにロッテ)らが選ばれた。昨年12月に就任した日本代表の栗山監督が初采配を振る。

野球が日本に伝わり150年とされる年の記念事業の一環で行われ、24歳以上でも出場可能な新人では森木(阪神)や達(日本ハム)、鵜飼(中日)らが選出された。

大学、社会人選抜チームは、新型コロナウイルスの影響で中止となった3月の台湾戦でアマチュアから日本代表のトップチーム入りする予定だった矢沢(日体大)や山田(立大)らが選ばれた。

会員限定記事会員サービス詳細