SNS「復讐代行」、妻依頼で夫刺したグループの男が無罪主張

東京地方裁判所(撮影・今野顕)
東京地方裁判所(撮影・今野顕)

東京都足立区のアパートで昨年8月、住人の40代男性を刃物で刺したとして殺人未遂罪に問われた無職、小西昴太(こうた)被告(22)の裁判員裁判初公判が4日、東京地裁(坂田威一郎裁判長)で開かれた。検察側は被告が交流サイト(SNS)で見つけた「恨み晴らし代行」の仕事に申し込み、被害者の妻からの依頼に応じて友人を誘い、犯行に及んだと指摘。被告は共謀を否定、無罪を主張した。

冒頭陳述で検察側は、被害者の妻、滝田深雪被告(44)=同罪で起訴=から50万円の報酬で殺害依頼を引き受けた小西被告が、友人の酒井亮太被告(22)=同=を誘って犯行に及んだと主張。滝田被告には1千万円以上の借金があり、借金が夫にばれて家計の管理を夫がするようになったことに不満を募らせ、ツイッターに殺害依頼を投稿したと指摘した。

弁護側は、事実関係についてはおおむね認めたが、犯行前に受け取る約束だった報酬を受け取っておらず、「殺人未遂罪には当たらない」などと訴えた。

起訴状などによると、共謀し昨年8月7日未明、男性の胸を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。酒井被告が男性を刺し、小西被告は押さえつけようとした。男性は全治約1カ月のけが。

この日は証人尋問も行われ、被害男性が出廷。「今でも傷の痛みやしびれが続いている。重大な事件を起こしたことを認めて罪を償ってほしい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細