塩野義、中国で新型コロナ治療薬の承認申請へ

塩野義製薬が開発する新型コロナウイルス感染症の飲み薬(同社提供)
塩野義製薬が開発する新型コロナウイルス感染症の飲み薬(同社提供)

塩野義製薬は4日、開発中の新型コロナウイルス感染症治療薬について、中国の規制当局に承認申請に向けた臨床試験(治験)データの提出を開始したと発表した。海外で提出するのは初めてとなる。国内だけでなく、中国をはじめ海外での需要も取り込む。

中国平安保険集団の子会社との合弁会社を通じて手続きを行う。「申請前に資料を提出することで、審査の際にコミュニケーションが円滑になることが期待される」としている。

国内では2月に承認申請したが、先月の厚生労働省の専門部会では賛否が割れて結論が出ず、7月にも開かれる薬事分科会での議論を待つことになった。ウイルス量の減少効果は見られたが、12症状の改善状況を総合的に評価した場合、偽薬を服用したグループと明確な差が出なかった。オミクロン株に特徴的な症状や発熱の改善効果は得られたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細