ヒューリック杯棋聖戦

攻撃的受けで大きな1勝 藤井棋聖

第3局を終え、感想戦で対局を振り返る永瀬拓矢王座(左)と藤井聡太棋聖=4日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(桐原正道撮影)
第3局を終え、感想戦で対局を振り返る永瀬拓矢王座(左)と藤井聡太棋聖=4日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(桐原正道撮影)

千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で4日指された将棋のタイトル戦「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第3局は午後7時14分、永瀬拓矢王座(29)が投了。3連覇を目指す藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将=が防衛に大きく近づいた。

両者にとって重要な一局も指し手は速く、50手までの消費時間は藤井棋聖3分、永瀬王座2分。立会人の島朗(あきら)九段は「永瀬さんの攻めに藤井さんの攻撃的な受け。『好きに戦わせない』という藤井棋聖の意地」と分析する。1勝1敗ながら、第2局まで永瀬王座が事前研究の深さを発揮。このため、「藤井棋聖は戦い方を変えてきた」(島九段)とみられる。

藤井棋聖の積極姿勢が奏功し、昼食休憩前の73手目▲2二歩をきっかけに攻守が逆転。午後からは藤井棋聖が攻勢をかける。最後まで「逆転しにくい将棋」(島九段)となった本局で藤井棋聖が大きな1勝を挙げた。

永瀬王座の話 「次局までに少しでも棋力を上げ、いい内容の将棋を指したい」

【ヒューリック杯棋聖戦】藤井棋聖、過去2局「永瀬ペース」から勝利引き寄せ

将棋 棋譜再現(Windows版のみ)

会員限定記事会員サービス詳細