外務省が駐日大使に抗議 尖閣接続水域の中国艦艇

外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

外務省は4日、中国海軍のフリゲート艦が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に入ったことをめぐり、山田重夫外務審議官が孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使に対し「重大な懸念」を表明して抗議し、再発防止を求めたと発表した。船越健裕アジア大洋州局長も同日、駐日中国大使館次席公使代理に対し、同様に抗議した。

中国、尖閣接続水域入りに「日本はとやかく言う権利ない」

会員限定記事会員サービス詳細