台風4号、九州接近へ 大雨で災害警戒呼びかけ

3日午後11時現在のひまわり雲画像
3日午後11時現在のひまわり雲画像

台風4号は4日、東シナ海を北寄りに進んだ。今後、進路を東寄りに変え、5日には九州に接近、上陸する恐れがある。その後6日にかけて西日本の太平洋側を東に進む見通しで、気象庁は西日本を中心に大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけている。

気象庁によると、4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部18メートル(25メートル)、沖縄、九州南部、奄美、近畿15メートル(25メートル)。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

5日朝までの24時間予想雨量は九州南部、四国200ミリ、九州北部、近畿150ミリ、奄美120ミリ、東海、関東甲信100ミリ、北海道、東北80ミリ、北陸60ミリ。

台風4号は4日午前6時現在、東シナ海を時速約15キロで北北東へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の東側220キロ以内と西側165キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

会員限定記事会員サービス詳細