JR総武本線で死亡事故、10代女性か 千葉・八街

4日午後0時30分頃、千葉県八街市八街の踏切付近で、JR総武本線成東駅発千葉駅行きの普通電車(6両編成)に女性がはねられ、死亡した。

県警佐倉署によると、死亡したのは10代とみられる女性で、日向駅と八街駅の間にある踏切から70メートルほど手前の軌道敷内に入り、立っていたという。運転手が気づいてブレーキを踏んだが間に合わず、110番通報した。目撃した知人はショックで話が聞けない状況だという。乗客にけがはなかった。同署は詳しい事故原因を調べている。

この事故で、上下線計6本が運休、5本が遅れたという。

会員限定記事会員サービス詳細