デンマーク首都で銃撃 3人死亡、22歳男拘束

デンマーク・コペンハーゲンの銃撃事件の現場となったショッピングセンターに駆け付けた警察=3日(ロイター=共同)
デンマーク・コペンハーゲンの銃撃事件の現場となったショッピングセンターに駆け付けた警察=3日(ロイター=共同)

デンマークの首都コペンハーゲンのショッピングセンターで3日午後、銃撃事件があり、警察は3人が死亡し、実行犯として22歳のデンマーク人の男を拘束したと明らかにした。複数が負傷し、うち3人は重体という。警察はテロの可能性も排除できないとして動機などの捜査を進めている。英メディアが報じた。

警察は、容疑者の男がライフルと弾薬を所持していたと発表。単独犯かどうかなど詳細は明らかにしなかった。

英メディアは、店内から走って逃げ出す買い物客らの様子や、担架で救急車に搬送される人の姿を報じた。目撃者らの話によると、男は何かを叫びながら発砲。数発の銃声が聞こえた後、パニックで泣き叫ぶ人やトイレに逃げ込んだ人もいたという。 ショッピングセンターは、コペンハーゲン中心部の南約5キロに位置する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細