中国、ミャンマー産農産物の輸入拡大へ 王氏が会談で表明、協力深化の意向

中国の王毅国務委員兼外相(AP)
中国の王毅国務委員兼外相(AP)

【北京=三塚聖平】東南アジア諸国を歴訪している中国の王毅国務委員兼外相は3日、ミャンマー中部のバガンで、国軍が外相に任命したワナマウンルウィン氏と会談した。

中国外務省によると、王氏は会談で、両国関係について「互いの国内における変化の影響を受けず、一貫して堅固で壊すことができない」と強調。ミャンマー産農産物の輸入拡大など協力関係を深化させる意向を示した。ミャンマー側は「中国の無私の援助に心から感謝する」と謝意を表明した。

王氏は2日にミャンマー入りした。王氏が同国を訪問するのは昨年2月の国軍によるクーデター後初めて。

王氏はミャンマーのほか、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアを歴訪し、中国広西チワン族自治区でベトナム、カンボジアと会議を開く。

会員限定記事会員サービス詳細