ヒューリック杯棋聖戦

藤井棋聖「期待に応える熱戦に」、永瀬王座「思い出の場所、うれしい」 第3局開幕式

「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第3局の検分前に記念撮影に臨む藤井聡太棋聖(左)と永瀬拓矢王座=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(川口良介撮影)
「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第3局の検分前に記念撮影に臨む藤井聡太棋聖(左)と永瀬拓矢王座=3日午後、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月(川口良介撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将=に永瀬拓矢王座(29)が挑む第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局が4日に指されるのを前に3日、対局場の千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で開幕式が行われ、両対局者が意気込みを述べた。

開幕式は事前募集の約120人が見守った。主催する産経新聞社の飯塚浩彦会長は「勝たれた方が棋聖獲得へ王手となる。熱い戦いを期待しています」とあいさつ。日本将棋連盟の佐藤康光会長は「地元の皆さまの熱烈な歓迎を目の当たりにし、将棋熱の高さを実感した」と感謝の言葉を述べた。特別協賛するヒューリックの西浦三郎会長は「将棋を文化として大事にしていきたい」と話した。

続いて、両対局者が決意表明。藤井棋聖は「注目していただける一局になると思うので、応えられるような熱戦にしたい」と健闘を誓うと、永瀬王座は「会場には子供の頃に家族旅行で来たことがある。思い出の場所で対局ができ、うれしい」と話した。

対局はインターネット動画配信サービス「ABEMA」の将棋チャンネル(https://abema.tv/now-on-air/shogi)でライブ放送される。

会員限定記事会員サービス詳細